古墳めぐりウォーキング in 福岡
 
 ≪主な歴史資料館・博物館 in 福岡≫ 地図

      資料館や博物館の休館日は、月曜日(月曜が祝日のときは翌日)と年末年始というのがほとんど。図書館に併設されている場合などは、月末も
      休館日とするケースもある。なかには、土曜、日曜、祝日が休館日の場合や年中無休の場合もまれにはある。また、特別展や企画展が開催
    されている時やその前後の期間は、常設展が休止される場合もある。「常設」というのは常に行われているということだから、休止するのは
    おかしい。「通常展示」とでも言い換えた方がよいのではないか。
    というような状況だから、訪問前のWebページ等での確認が必須となる。したがって、下表にはあえて休館日を記載していない。


地区 名称
所在地
見学の仕方
電話番号







福岡地区






福岡市 野方遺跡住居跡展示館
福岡市西区野方5丁目

野方遺跡の住居跡や高床倉庫跡などを保存展示している。

TEL 092-812-3710


能古博物館

福岡市西区能古 亀井学関係資料、多田羅義雄画伯の作品、大型廻船模型、含紅雲母ペグマタイト鉱物標本などを展示。また、敷地内に能古焼古窯跡(市指定史跡)、能許万葉歌碑、孔子廟などがある。

TEL 092-883-2887


福岡市博物館
福岡市早良区百道浜3丁目
鋤崎古墳の石室の実物大の模型が展示してある。また、老司古墳出土の三角縁神獣鏡と短甲、那珂八幡古墳、名島古墳、天神森古墳出土の三角縁神獣鏡などが展示してある。

TEL 092-845-5011


鴻臚館跡展示館 福岡市中央区城内

7〜11世紀の外交施設である鴻臚館の遺跡の一部を展示している。

TEL 092-721-0282


福岡城むかし探訪館 福岡市中央区城内

福岡城の歴史についてビデオやパネルで説明。
福岡城や付近の模型地図も展示している。

TEL 092-732-4801


元寇史料館

福岡市博多区東公園 蒙古襲来時の武具、矢田一嘯作の元寇絵などを展示している。日蓮聖人に関する展示や他の時代の展示もある。

TEL 092-651-1259


福岡市埋蔵文化財センター 福岡市博多区井相田2丁目 H23.10には、第1展示室の入口に、元岡古墳群G6号墳から出土した「紀年銘入象嵌大刀」が展示された。X線で、「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果(練)」の文字が確認された。
H23.12には、レプリカが展示された。将来的には、錆を落とし、また展示されることになるだろう。
他には、古墳関係の展示はほとんどない。

TEL 092-571-2921


板付遺跡弥生館

福岡市博多区板付3丁目
弥生時代の水田や竪穴住居などが復元されている。

TEL 092-592-4936


金隈遺跡甕棺展示館
福岡市博多区金の隈1丁目

甕棺などを発掘状態のままの姿で公開する展示館。百基以上が展示されている。

TEL 092-503-5484


しかのしま資料館

福岡市東区勝馬 志賀島の歴史、無形文化財、万葉集と志賀島、元寇と志賀島、志賀島の産業に分けて展示されている。古墳関係では堂山古墳大岳古墳の説明と出土品展示がある。

TEL 092-603-6631

春日市
奴国の丘歴史資料館


福岡県春日市岡本 春日市内の遺跡から出土した埋蔵文化財などを展示している。

TEL 092-501-1144


ウトグチ瓦窯展示館

福岡県春日市白水ヶ丘1丁目 7世紀後半ののぼり窯1基と鴟尾、鬼瓦などたくさんの瓦が展示されている。

TEL 092-593-6071

大野城市
大野城市歴史資料展示室 福岡県大野城市曙町2丁目 福岡県苅田町の石塚山古墳三角縁神獣鏡と同じ鋳型から作ら れた三角縁神獣鏡が展示されている。この鏡は、御陵古墳群の南側の古墳から出土したとされている。

TEL 092-580-1918

太宰府市

太宰府市文化ふれあい館 福岡県太宰府市国分4丁目 「歴史の散歩道」沿いの史跡のパネル展示がある。庭には筑前国分寺の七重塔の10分の1の復元模型や石棺が展示してある。

TEL 092-928-0800


九州国立博物館

福岡県太宰府市石坂4丁目 九州国立博物館は、東京・奈良・京都についで4番目に誕生した国立博物館。コンセプトは、「日本文化の形成をアジア史観点から捉える」。

TEL 050-5542-8600


大宰府展示館

福岡県太宰府市観世音寺4丁目 太宰府天満宮、大宰府政庁跡、水城跡、大野城跡、観世音寺、筑前国分寺跡等の発掘調査で確認された遺構を保存・公開するとともに太宰府の歴史を紹介する展示を行っている。

TEL 092-922-7811

筑紫野市
筑紫野市歴史博物館
 (ふるさと館ちくしの)
福岡県筑紫野市二日市南1丁目 常設展示室には古代コーナーもある。
学習室には筑紫野市内の遺跡地図がある。筑紫野市史の遺跡地図と基本的には同じだが、縮尺が大きく、分割されてはいるものの、見やすい。必要な箇所はコピーを依頼できる。


TEL 092-922-1911


五郎山古墳館 福岡県筑紫野市原田3丁目

五郎山古墳の石室のレプリカがあり、レプリカ内に入れる。車椅子の方のためには、電動でレプリカが開く仕掛けもある。

TEL 092-927-3655

新宮町
新宮町歴史資料館 福岡県糟屋郡新宮町下府 古墳時代の出土品がレプリカも含めて数多く展示されている。相島積石塚群(国指定史跡)の説明や人丸古墳、新徳古墳、須川古墳(いずれも消滅)の説明もある。

TEL 092-962-5511

粕屋町
粕屋町歴史資料館 福岡県糟屋郡粕屋町若宮1丁目 古墳関係では、平塚古墳の説明が中心。

TEL 092-939-2984

志免町
志免町歴史資料室 福岡県糟屋郡志免町志免中央
1丁目

古墳関係では、七夕池古墳の説明が中心。

TEL 092-935-7142

須恵町 須恵町立歴史民俗資料館

福岡県糟屋郡須恵町上須恵 町立としては九州で初めて、全国でもまだ珍しい昭和48年に開館したという先駆的な資料館。

TEL 092-932-6312

宇美町
宇美町歴史民俗資料館
福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目

考古展示室は、 旧石器時代〜大野城までの展示がある。古墳関係では、光正寺古墳の出土品展示や説明が主である。主体部の模型も展示してある。神領古墳群正籠古墳群観音浦古墳群などの出土品展示や説明もある。

TEL 092-932-0011

篠栗町 篠栗町立歴史民俗資料室 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗 常設展示室は2Fにあり、歴史コーナー、考古コーナー、農具コーナー、炭鉱コーナーに分かれている。古墳関係の展示はほとんどない。

TEL 092-947-1790

糸島市
志摩歴史資料館
福岡県糸島市志摩井田原

井田原開古墳の1メートル位の模型と航空写真が展示してある。

TEL 092-327-4422


伊都国歴史博物館
福岡県糸島市井原

平原遺跡出土の内行花文鏡や上町向原遺跡出土の素環頭太刀など見るべきものは多い。
釜塚古墳の石室模型も展示してある。

TEL 092-322-7083


糸島高校郷土博物館
福岡県糸島市前原南2丁目

弥生時代、古墳時代を中心に展示してある。な展示物は、長須隈古墳出土の長さ3m近い舟形石棺、森園遺跡出土の内行花文鏡、長野古墳出土の人面長頸瓶、各地出土の甕棺などがある。

TEL 092-322-2604

古賀市
古賀市立歴史資料館
福岡県古賀市中央2丁目

展示スペースの半分が遺跡や古墳の展示。ビデオ展示もあり、「古墳の時代」を選ぶと、古賀市内の古墳の説明が流れる。
船原古墳群、永浦古墳群、千鳥古墳群等の展示や説明はあるが、今現在どうなっているかは説明されていない。

TEL 092-944-6214

福津市 福津市中央公民館 福岡県福津市手光

公民館2階のオープンスペースに考古資料展示コーナーがあり、旧石器、縄文、弥生、古墳、奈良、平安の各時代にわたる考古資料が展示されている。

TEL 0940-52-4968

宗像市
宗像大社神宝館
福岡県宗像市田島

宗像大社の宝物を収監・展示している。
国宝も多数ある。

TEL 0940-62-1311


海の道むなかた館
(宗像市郷土文化学習交流館)
福岡県宗像市深田




「むなかた」の歴史と魅力に出会い、学び、体験する施設。
常設展示室、特別展示室、体験学習室、シアター、休憩スペースなどがある。古墳関係の展示もある。
TEL 0940-62-2600







筑豊地区






飯塚市
飯塚市歴史資料館 福岡県飯塚市柏の森 古墳関係では、川島古墳小正西古墳忠隈古墳沖出古墳王塚古墳等に関する展示があった。
また、山王山古墳で出土した銀象嵌大刀柄頭が展示されたこともあった。

TEL 0948-25-2930

桂川町
王塚装飾古墳館 福岡県嘉穂郡桂川町寿命 王塚古墳の石室のレプリカがあり、中に入れる。また、他の著名な装飾古墳の写真も展示されていて比較できる。

TEL 0948-65-2900

嘉麻市 碓井郷土館 福岡県嘉麻市上臼井 縄文時代から現代までの碓井町の歴史を紹介する歴史民俗資料館。常設展示は、歴史コーナーと民俗コーナーとがある。

TEL 0948-62-5173

田川市
田川市石炭・歴史博物館 福岡県田川市伊田 古墳コーナーには、猫迫1号墳セスドノ古墳夏吉1号墳夏吉21号墳に関する展示がある。
猫迫1号墳関係では、出土した馬形埴輪、甲冑形埴輪をはじめとする埴輪などが展示されている。
セスドノ古墳関係では、出土した刀剣類などが展示されている。
その他、複数の横穴墓関係の展示もある。

TEL 0947-44-5745

糸田町 糸田町歴史資料館 福岡県田川郡糸田町 糸田町内の宮山遺跡や松ヶ迫遺跡から出土した遺物などが展示されている。ナウマン象の臼歯化石なども展示されている。

TEL 0947-26-0038

大任町
ふるさと館おおとう 福岡県田川郡大任町今任原 古墳のコーナーでは、建徳寺2号墳の出土品の一部が展示されている。

TEL 0947-41-2055

鞍手町
鞍手町歴史民俗博物館 福岡県鞍手郡鞍手町小牧 古墳関係では、新延大塚古墳、銀冠塚古墳(八尋1号墳)、古月横穴等からの出土品の展示や新延貝塚の説明などがある。

TEL 0949-42-3200







筑後地区






小郡市
小郡市埋蔵文化財調査センター 福岡県小郡市三沢 津古生掛古墳(消滅)の模型や三国の鼻1号墳(消滅)の版築が展示してある。

TEL 0942-75-7555


九州歴史資料館
福岡県小郡市三沢

九州歴史資料館は、九州の歴史とその特質を明らかにするために1973年に大宰府市に開館し、2010年に現在地に移転した。

TEL 0942-75-9575

久留米市
久留米市埋蔵文化財センター 福岡県久留米市諏訪野町 久留米市内の遺跡から出土した土器や石器、木器、金属器などの遺物をはじめ、発掘調査の際に作成した図面・写真などの記録類を収蔵・整理・研究するための施設で、毎年秋(10月から11月)に市内で出土した考古資料から見えてくる久留米の歴史を、毎年テーマを変えて特集し、「くるめの考古資料展」を開催している。

TEL 0942-30-9225

朝倉市
甘木歴史資料館 福岡県朝倉市甘木 主として考古・民俗資料を収集・保管し、展示し ている。平塚川添遺跡関係の展示もある。
古墳関係では、堤当正寺古墳湯の隈古墳、神蔵古墳等の展示がある。また、小田茶臼塚古墳 の1/100の模型が展示してある。

TEL 0946-22-7515


平塚川添遺跡公園体験学習館
福岡県朝倉市平塚

平塚川添遺跡をはじめ、甘木市の文化財を紹介するパネルを展示紹介している。また、勾玉作りや火おこし、竹とんぼなど、古代技術の体験もできる。

TEL 0946-21-7966

うきは市
吉井歴史民俗資料館 福岡県うきは市吉井町 1階に月岡古墳の特別展示室があり、金銅装眉庇付鉄冑や三角縁神獣鏡(舶載鏡)などが展示されている。2階には塚堂古墳の模型や出土品が展示されている。

TEL 0943-75-3343


浮羽歴史民俗資料館 福岡県うきは市浮羽町朝田 民俗分野の展示が多く、考古分野の展示は少ない。考古分野では甕棺の展示と楠名古墳の説明があった。

TEL 0943-77-6287

八女市
岩戸山歴史資料館 福岡県八女市吉田 岩戸山古墳の南にある。石人・石馬等を多数展示している。写真撮影可。

TEL 0943-22-6111

広川町
広川町古墳公園資料館 福岡県八女郡広川町一條 主に古墳公園内にある石人山古墳弘化谷古墳の遺物展示と説明を行い、あわせて広川町内遺跡からの出土品を展示している。1階には弘化谷古墳の壁画レプリカもある。

TEL 0943-32-1111

筑後市 筑後市郷土資料館 福岡県筑後市水田 第1展示室が民俗関係で第2展示室が考古関係。第2展示室の一部に遺跡・古墳コーナーがある。土器などの展示が中心。銅鏡もある。
筑後市には石人山古墳欠塚古墳、瑞王山古墳があったが、瑞王山古墳は消滅した。史跡地図には一ツ塚古墳の名前もあるが、消滅したのだろう。
なお、石人山古墳は広川町の古墳と思っていたが、一部が筑後市にかかっているとのこと。(広川町一條、筑後市一条)


TEL 0942-53-8246

みやま市
みやま市歴史資料館 福岡県みやま市瀬高町下庄 旧石器時代〜古墳時代の展示と説明。古墳では、みやま市の権現塚古墳の説明があった。

TEL 0944-64-1117


高田町郷土資料館
(みやま市郷土資料館)
福岡県みやま市高田町下楠田 宮ヶ浦古墳群東濃施古墳 の耳環、三累環などの副葬品のレプリカが展示してある。石神山古墳の説明もある。

TEL 0944-22-5611

大牟田市 三池カルタ・歴史資料館 福岡県大牟田市宝坂町2丁目 古墳時代の展示は、黒崎観世音塚古墳萩の尾古墳が中心。
潜塚古墳の説明資料も置いてある。(持ち帰り可。)
倉永古墳壁画残欠も展示してある。
裏庭に各種石棺の展示がある。


TEL 0944-53-8780







遠賀・北九州・京築地区





水巻町
水巻町歴史資料館 福岡県遠賀郡水巻町古賀3丁目 遺跡関係では、立屋敷遺跡と遠賀川式土器の展示がある。

TEL 093-201-0999

芦屋町 芦屋町歴史民俗資料館 福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 芦屋釜、港町として栄えた芦屋千軒、山鹿貝塚などを中心として展示されている。考古資料は少ない。古墳としては、芦屋町大城にあった古墳の石室のみ町役場の横に移築された大塚古墳石室や夏井ヶ浜で発見された箱式石棺ぐらいである。

TEL 093-222-2555


中間市
中間市歴史民俗資料館 福岡県中間市垣生 装飾横穴だった瀬戸横穴墓第14号墓(消滅)の復元模型が展示されている。また、垣生羅漢百穴や中間中学校横穴墓の説明がある。

TEL 093-245-4665

北九州市
北九州市埋蔵文化財センター 福岡県北九州市小倉北区金田
1丁目
古墳関係の展示は多くはなく、荒神森古墳、円光寺古墳、茶毘志山古墳上ん山古墳、大畠1号墳などの簡単な紹介等に留まっている。

TEL 093-592-3196


いのちのたび博物館
(北九州市立自然史・歴史博物館)

福岡県北九州市八幡東区東田
2丁目
日明一本松塚古墳の石室のレプリカが展示してある。また、日明一本松塚古墳と八旗神社古墳群等の説明と出土品の展示がある。



苅田町
苅田町歴史資料館 福岡県京都郡苅田町富久町
1丁目
旧石器時代〜中世の歴史を示す考古資料などが数多く展示されており、石塚山古墳の出土品なども展示されている。

TEL 093-434-1982

行橋市 行橋市歴史資料館 福岡県行橋市中央1丁目 行橋を中心とした地域の歴史を紹介し、出土遺物や歴史資料を展示している。遺跡分布模型やAVコーナーもある。

TEL 0930-25-2711







佐賀県(一部)






基山町 基山町立歴史民俗資料館 佐賀県三養基郡基山町宮浦 図書館と資料館からなる複合施設。資料館は2階にあり、弥生時代や古墳時代の出土品、基肄城跡、長崎街道などの説明がある。古墳に関する説明はあまりない。

TEL 0942-92-0289

上峰町
上峰町郷土資料館
佐賀県三養基郡上峰町坊所

上峰町の図書館、工作室、郷土資料館などの複合施設である ふるさと学館の2Fにある。展示室は1室で、古墳関係のコーナーもある。

TEL 0952-52-4934

吉野ヶ里町 神埼市

吉野ヶ里遺跡展示室 佐賀県神崎郡吉野ヶ里町田手 吉野ヶ里遺跡の紹介と出土品等の展示。
TEL 0952-52-4130

佐賀市 佐賀県立博物館 佐賀市城内1丁目 常設展示室のうち2号展示室(原始・古代〜中世)に「古代国家への歩み」のコーナーがあり、その中に「古墳と豪族」についての説明がある。谷口古墳出土の吾作三神三獣鏡の複製や関行丸古墳出土の青銅製三環鈴などが展示されている。

TEL 0952-25-7006


東名縄文館

佐賀県佐賀市金立町千布
東名遺跡に隣接して設けた遺跡のガイダンス展示コーナー。巨勢川調整池管理棟の一室に開設したもので、出土遺物やパネルの展示で遺跡の特徴を解説。中でも第2貝塚の貝層剥ぎ取りは必見。

TEL 0952-98-2354

唐津市
古代の森会館
佐賀県唐津市鏡

双水柴山遺跡の模型がある。横田下古墳の説明もある。

TEL 0955-77-0510


末蘆館 佐賀県唐津市菜畑 日本最古の水田跡が確認された「菜畑遺跡」で出土した炭化米や石庖丁、農具などの貴重な資料を展示。遺跡公園内には、水田や竪穴式住居、縄文の森などを復元。

TEL 0955-73-3673







山口県(一部)






下関市 下関市立考古博物館 山口県下関市綾羅木 国の史跡・綾羅木郷遺跡に隣接して開館した。下関市域を中心とした弥生・古墳時代の考古資料を展示している。

TEL 083-254-0866


ページトップへ戻る

トップに戻る
















































































inserted by FC2 system