古墳めぐりウォーキング in 福岡
 
 ≪掲載した中で消滅してしまっている古墳≫
 

地区 古墳名
所在地
状況






福岡地区




広石古墳群
福岡市西区拾六町
福岡西陵高校への進入路に説明板が立っている。
一部の古墳は残っているようだが、近づけない。



下和白塚原古墳群 福岡市東区和白丘3丁目 和白丘中学校建設の際に調査され消滅。
校内に説明板だけが立っている。



弥五郎塚古墳

福岡市東区勝馬 発掘年代が古く、ほとんど原形をとどめていない。


卯内尺古墳 福岡市南区老司3丁目 病院建設のため古墳は消滅。説明板だけが立っている。



御陵古墳群
福岡県大野城市中1丁目 御陵中学校建設の際に調査され消滅。御陵中の校門に説明板だけが立っている。



エゲ古墳

福岡県筑紫郡那珂川町松木
4丁目
道路建設、宅地開発等のため消滅。説明板だけが建っている。



銭塚古墳

福岡県筑紫野市永岡 筑紫野市の調査による。

鳥井元古墳

福岡県筑紫野市永岡 丘陵はショベルカーで削平されていた。





筑豊地区




櫨山古墳 福岡県飯塚市片島 消滅し、一帯は勝盛公園になっている。説明板だけが立っている。






筑後地区





三国の鼻1号墳 福岡県小郡市津古 消滅し、宝満川浄化センター近くの県道に説明板だけが立っている。



津古生掛古墳 福岡県小郡市三国が丘3丁目 消滅し、生掛公園に説明板だけが立っている。



石櫃山古墳 福岡県久留米市高良内町

消滅し、一帯は病院になっている。


南屋敷古墳 福岡県久留米市草野町草野 文化財マップの位置には須佐能袁神社(お旅所)があり、古墳らしきものはない。



鬼の枕古墳 福岡県朝倉市菩提寺山畑 消滅し、一帯は朝倉市役所の駐車場になっている。
(朝倉市役所に確認済み。)






佐賀県




千塔山古墳群 佐賀県三養基郡基山町宮浦

消滅と書かれた文書等は確認できていないが、町史の地図の場所には古墳らしきものは発見できなかった。



目達原古墳群 佐賀県三養基郡上峰町坊所 陸軍飛行場建設のために目達原古墳群一帯は破壊されたが、最も古い上のびゅう塚古墳だけは陵墓参考地として残った。その他の古墳のうち主なもの5基が7分の1の大きさで現在の場所に改葬された。



双水柴山古墳群2〜4号墳 佐賀県唐津市双水 道路建設等のため消滅。
ただし、2・3号墳の主体部は別の場所に埋め戻し保存されている。




姫方雄塚古墳 佐賀県三養基郡みやき町簑原 地図の場所には直径30mの円墳は存在しない。
削平され小さくなったか、消滅したかのどちらかだろう。





ページトップへ戻る

トップに戻る
















































































inserted by FC2 system