古墳めぐりウォーキング in 福岡
   いまじゅくおおつかこふん
<今宿大塚古墳>

大きな地図で見る
所在地: 福岡市西区今宿西1丁目26
最寄駅: 西鉄バス 西警察署前より徒歩5分
JR筑肥線 今宿駅より徒歩20分
GPS:
ウォーキング経路
ワンポイント:
6世紀前半築造の全長80mの前方後円墳。多量の円筒埴輪や形象埴輪が出土。周濠、周堤もほぼ残っている。
ちょっと一言:
古墳の周囲は大規模な区画整理が行われている。後円部の一部に食い込んでいた民家は撤去された。それまでは墳丘に入れたが、墳丘のまわりに柵が作られていて墳丘には入れない。
H28.12現在、古墳の北側に古墳公園が整備されていた。公園の整備はH28.12末で終わるとのことだが、芝生の養生などでオープンは未定とのこと。工事のため、北側からは古墳に近づけないが、南側からは近づける。
車で福岡前原道路を前原から福岡方面に走行すると、今宿の直前の左手に古墳がはっきりと見える。
地図2:
地図3:
YAHOO!
地図4:
Mapion
日本測地系: 緯度  33度 34分 11.98秒   世界測地系への変換は
経度 130度 16分 22.50秒   Web版TKY2JGDを利用するとよい。













<北側から>



<南側から>




以下は、以前に柵がなく墳丘に入れたときに撮影した写真。
南側から

北側から
後円部(土のうが見える)
前方部左手前の周堤上から

後円部手前の周堤上から
後円部手前の周堤上から
前方部から後円部をのぞむ

後円部から前方部をのぞむ 前方部上から周濠と周堤をのぞむ
前方部手前の周堤から周濠をのぞむ
後円部 墳頂
以前は後円部の間近に民家があったが
今ではなくなっている
福岡前原道路から見た今宿大塚古墳






No
古墳
築造
全長
特記事項

山ノ鼻1号墳
4世紀中頃
50m
竪穴式石室。顕彰碑や果樹園造成で削平が著しい。

山ノ鼻2号墳

75m
畑地造成のため墳丘のほとんどが削平されている。

若八幡宮古墳
4世紀後半
47m
木棺直葬。三角縁神獣鏡、方形板革綴短甲等が出土。

鋤崎古墳
4世紀後半
62m
出現期の横穴式石室。方形板革綴短甲、青銅鏡等が出土。

丸隈山古墳
5世紀前半
84.6m
割石積横穴式石室。二神二獣鏡、巴形銅器、形象埴輪等が出土。

兜塚古墳
5世紀後半
53m
横穴式石室。馬具、玉類、鋲留短甲が出土。

飯氏二塚古墳
5世紀末〜
6世紀初頭
48m
横穴式石室。金銅製馬具、玉類が出土。

今宿大塚古墳
6世紀前半
64m
横穴式石室。盾形二重周濠。多量の円筒埴輪と形象埴輪を確認。

谷上古墳B−1号墳
6世紀前半〜
6世紀中頃
37m
丘陵部に築造。単室両袖横穴式石室。
10
飯氏古墳群B−14号墳
6世紀中頃
24m
丘陵部に築造。横穴式石室。
11
女原C−14号墳

30m
丘陵部に築造。
12
本村A−1号墳

30m
丘陵部に築造。墳丘は削平されている。
13
下谷古墳

40〜50m
畑地造成のため破壊。横穴式石室の可能性が大。


ページトップへ戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system