古墳めぐりウォーキング in 福岡
  ひがしみょういせき
<東名遺跡>(東名縄文館)
大きな地図で見る
所在地: 佐賀県佐賀市金立町千布
最寄駅: 西鉄高速バス アルタ高木瀬店前より徒歩26分
GPS:
ウォーキング経路
ワンポイント:
東名遺跡は、縄文時代早期末(およそ7000年前)の遺跡。
洪水対策の調整池造成により貝塚が発見された。縄文
早期の貝塚は全国でも発見例が少なく、西日本最大級の
貝塚。湿潤な地層だったため、動物質だけでなく良好な
状態の植物質の遺物も残っていた。遺跡内の6か所の
貝層の面積は合計1700u以上。
ちょっと一言:
氷河期の後の温暖化で縄文海進と呼ばれる海面上昇が
起き、東名遺跡まで内湾が迫った。魚貝類の生息に
適した浅い内湾だったが、さらに海水面が上昇し、
およそ6000年前に廃絶された。
第1、2貝塚は発掘調査のあと消滅した。第3〜6貝塚は、
調査せずに、盛土を施して保存された。
遺跡に隣接して東名縄文館があり、遺跡の出土品や
解説などが展示されている。
地図2:
(東名縄文館)
地図3:
Mapion(東名縄文館)
日本測地系: 経度 130°18′29.70″   世界測地系への変換は
緯度   33°17′27.62″   Web版TKY2JGDを利用するとよい。
















東名縄文館

東名縄文館 玄関


巨勢川調整池 巨勢川調整池





第2貝塚貝層剥ぎ取り

木本の割り裂き材を用いて編まれています。
東名遺跡では数少ない編み方です。

高さが80cmを超えるようなかごで、口の部分がすぼまり、
底付近が膨らむような形をしています。
東名遺跡で見つかった編みかごの多くは、このような
形をしていたものと考えられます。

大型編みかご
体部はイヌビワを割り裂いて使用。
口部はツヅラフジが編み込まれている。
中身はイチイガシと思われる。
左から、カキ、ヤマトシジミとハイガイ、石器と土器、礫

貝輪、貝玉
左半分は装身具、右側は刺突具と骨ヘラ

塞ノ神式土器(右上だけ条痕文土器)

上段左から、石斧、石匙、スクレイパー、
石錐、下段左から、磨石、編みかご







ページトップへ戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system