古墳めぐりウォーキング in 福岡
  うないじゃくこふん
<卯内尺古墳>

大きな地図で見る>
所在地: 福岡市南区老司3丁目32-32の近く
最寄駅: 西鉄バス 老松神社前より徒歩10分
GPS:
ウォーキング経路
ワンポイント:
4世紀中葉築造の全長73〜78mの前方後円墳。
三段築成。主体部は竪穴式石槨におさめられた
木棺と推定される。仿製三角縁神獣鏡が出土。
葺石、敷石、壺型埴輪あり。
ちょっと一言:
病院建設のため卯内尺古墳は消滅。 老司古墳
すぐ北側。また、病院の北側に小丘陵がありそこに
5基の円墳からなる卯内尺古墳群があった。しかし、
宅地造成のため、平成23年1月に遺跡調査を終了し、
その後消滅した。
3号墳は土壙墓、8号墳は箱式
石棺墓、4号墳は斜面に円礫を葺いた二段築成の
円墳で箱式石棺の中に4体の人骨があった、とのこと。
地図2:
地図3:
Mapion
日本測地系: 経度 130°25′21.16″   世界測地系への変換は
緯度   33°31′39.84″   Web版TKY2JGDを利用するとよい。






説明板の向こうは病院敷地
病院

【周辺古墳位置図】 老司古墳の説明板より

白抜きは消滅した古


ページトップへ戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system